RECRUITMENT2019

INTERVIEW社員インタビュー

営業から原稿内容の提案まで携われるのが魅力です。

名前:
森 光
入社年度:
2017年
所属:
千葉営業所営業部

新卒で入社して2年目になりました。就活生の皆さんとは、クリエイトの中でも特に近い立場ではないでしょうか。クリエイトは広告を通して、企業と求職者、そして社会に貢献できる仕事です。
クリエイトは営業から原稿内容の提案にも携われるのが大きな魅力。1年目からでも社会人として大きく成長できる環境ですので、私たちと一緒に色んな事にチャレンジしましょう!

社会人1年目はどんな年になりましたか?

とにかく勉強の毎日でした。もともと人と接するのが好きで、大学時代は接客業のアルバイトをしていたのですが、言葉遣いをはじめビジネスマナーは、自分が思っていた以上に未熟でした。お客様を不快な気持ちにさせてしまうこともあり、同行いただいた先輩たちからは、指導されてばかりでした。しかし、たくさんの場数を踏んだ今は、名刺ファイルに出会った方の名刺を入れるのが楽しみになるくらい、人にも仕事にも夢中になっています。
一方で、出稿していただいたにも関わらず反響が少なく、「もう使わない」と厳しくご指導いただき、しばらく距離を置かれてしまったこともありました。それでも必死に採用プランを練り直し、再提案してもう一度ご契約をいただき、しかも今度は反応が良かったと喜んでいただけました。その時は本当に嬉しかったし、やりがいを実感しました。

仕事において大切にしていることは何ですか?

まだまだ模索中です。ただ、昨年を振り返ると、競合とクリエイトのサービスの違いや業界の動向などの様々なデータを集め、それをもとに、お客様にとってより効果的なプランを提案することに努めていました。お客様に心から納得していただいて、広告を出稿していただくのが私の営業スタイルかな、と思っています。そのためには日々の勉強が不可欠。特に業界研究は欠かせません。また原稿の書き方も、どうすればお客様の独自色を出せるかにこだわっており、他社媒体でも良いところがあれば積極的に取り入れています。
クリエイトの同期は仲が良く、時々東京で集まって飲んだ時は、決まって仕事の話で盛り上がります。クリエイトは前向きで意欲のある仲間ばかり。あなたが成長できる場であることは間違いありません。

就活生(求職者)へのメッセージ

私は就活時代の初めの頃は、給与や休日などの待遇だけ重視して企業を選んでいました。ただ途中から、「自分が将来どうなりたいか」を中心に置き、理想の自分に成長できる場だと思えたクリエイトに入社しました。だから大変なことがあっても、自分の糧になると考えているので乗り越えられます。逆に、待遇だけで企業を選んだ大学の友人は、仕事が面白くない、辛いという理由でリタイヤしてしまった人もいます。基準は人それぞれだと思いますが、私は選んだ企業でどう成長したいかを考えて就活することをおすすめします。

MUST ITEM自作の提案資料

私のマストアイテムは、クリアファイルにまとめた自作の提案資料です。会社から支給されたiPadもあるのですが、せっかく折り込み広告という紙媒体の求人広告を取り扱っているので、紙の提案書があっても良いのではないかと思い、入社して3か月が過ぎた頃に制作しました。クリエイトの広告媒体や広告枠のサイズ、価格などを使いやすいように話す順番にまとめていて、いつもカバンの中に入れてお客様に提案する際に役立てています。

社員一覧ページへ