株式会社クリエイト新卒採用サイト2021RECRUITMENT2021

会話の積み重ねが、
いつしか信頼関係を
築き上げる。

小山 澄華
  • 2016年入社
  • 立川営業所 営業部

INTRO.

現在は営業としてWeb課に所属しており、お客さまにクリエイトが運営する求人サイトへの掲載をご案内しています。まず人材不足に関する悩みを電話でヒアリングし、アポイントをとります。基本的には、何度か訪問する中でいくつかのプランを提案し、承諾を得て契約となりますが、中には一度目の訪問で契約をいただき、その場で原稿記事の打ち合わせをはじめることも。その後も求職者に関する情報を随時提供することで、信頼関係を構築していきます。営業は話すことが主な仕事。私は高校生の頃から洋画や海外文化が好きで、外国人の先生との会話をする機会も多く、話すことには自信があったためこの職種を選びました。私にとって、仲良くなれたお客さまとの会話は、本当にかけがえのないものです。

入社一年目だからこそわかる、求職者の目線。

働く上で一番大切にしていることは、求職者の目線を必ず意識することです。入社一年目の時ですが、当時の上司から「君たちが一番求職者の目線に近いところにいるから、どういった求人の出し方が目にとまるのか、教えて欲しいんだ。」と質問をされたことがあります。その時、求職者の目線を持つ私たちの感覚は、とても新鮮な情報なんだ!と、はっと驚かされましたね。その体験があったからこそ、早い段階で求職者の目線に意識を向けることができたので、当時の上司には感謝しています。こうして作り上げた原稿によって、求めていた人材からの応募があり、採用に繋がった瞬間は、何にも代えがたいやりがいを感じます。

「クリエイトの小山」を覚えてもらうことが出発点。

新規のお客さまは大きく二つに分けることができます。一つは、これまで他社においても求人広告を一度も掲載されたことのないお客さま。もう一つは、クリエイトでは初めてだけれど、他社では求人広告を掲載されたことのあるお客さま。後者のお客さまは、すでに他社の営業担当との関係が構築されているため、ご契約をいただくのが特に難しくなります。そこで重要になるのが、「クリエイトの小山」を認識していただくこと。はじめからアポイントがとれるとは限らないので、近くに寄った際など何度も足を運び、直接挨拶することを心がけています。足を運んでくれる営業担当が好き、と言ってくださるお客さまもいらっしゃるので、その努力が実を結ぶと嬉しいですね。

上司や先輩と、二人三脚で成長できる環境。

一番伝えたいのは、とにかく怖がらずに、安心して入社をして欲しいということです。私も入社する前は、とても不安でした。入社後もわからないことばかりで、自信をなくしていたこともあります。しかし探究心を忘れず、興味を持ったことやわからないことは、まず自分で調べる、それでもわからなければ、積極的に上司や先輩に質問する。この行動の積み重ねが、私を成長させてくれたんだと思います。最初はわからないことが当たり前です。まわりの上司や先輩は、できないくらいが可愛いと思っているので、不安を感じたらいつでも相談して欲しいですね。きっとよいアドバイスをいただけると思います!

社員一覧ページへ